2023年5/13(土)-14(日)
INAGO-DX ROUND9.5

『ベースブルース』

2023年5/13(土)-14(日)
INAGO-DX ROUND9.5
『ベースブルース』

2023年5/13(土)-14(日)
INAGO-DX ROUND9.5
『ベースブルース』

CM動画放映中❗️

News! 

CM動画放映中❗️

Story/Staff・Cast 追加しました! 

★3月25日(土)10時チケット予約開始!

令和5年度 広島市南区民文化センター 文化芸術支援事業

INAGO-DX ROUND9.5

『ベースブルース』

作・演出/武田宜裕


【出演】

武田宜裕

山田健太

常山大志

有田賢生(モグラドーメイ)

久保幸路(劇団Tempa) 


【スタッフ】
作・演出 武田宜裕
舞台美術 奈地田愛
照明 佐々木隆良((株)篠本照明)
音響 岸本夏芽
衣裳・メイク 中川綾子 三浦有美
小道具 武田美由紀 江角昌美
舞台監督 池田典弘
テクニカルアドバイザー 川崎久司
ドラマトゥルク 山川愛美
演出部 市原真優
宣伝美術 水戸亜祐美
宣伝動画 下前田碧
制作 宮川愉可


………………………………………………………………
「総括」なんてできません。
だって、命より重い言葉なんてないじゃないですか。

昭和の一大事件として、人々の記憶に残る「連合赤軍事件」。
60年代の学生運動に端を発し、時代を揺るがすうねりを巻き起こした一連の運動は、多くの犠牲をもたらし、山奥の山荘で終わりを告げ、残されたものは、変革を信じた若者たちの失望、絶望だった-。

2006年、南区民文化センターのスタジオで産声を上げたINAGO-DX。
そこから4年連続で上演するなど、まさにホームグラウンドともいうべき劇場で、本公演としては『エレファントヒヒーン2017』以来、そして南区民スタジオでは約9年ぶりとなる長編作品を上演。終結から約50年経った事件の舞台でもある群馬県出身の代表・武田宜裕が、「あの日」から連綿とつながる今を描く野心作。


………………………………………………………………
【日時】
2023年
5月13日(土) 14:30開演/18:30開演
5月14日(日) 11:00開演/15:00開演

【会場】
広島市南区民文化センター・スタジオ(広島市南区比治山本町16番27号)tel:082(251)4120

【料金】
◎一般
前売3,000円 当日3,500円
◎学生・18歳未満・シニア(65歳以上)
前売1,500円 当日2,000円
◎県外割引(広島県以外にお住まいの方)
前売1,500円 当日2,000円

【チケット取り扱い】
3月25日(土)10時チケット予約開始!
日時指定・全席自由
カルテットオンライン (オンライン予約)
https://www.quartet-online.net/ticket/baseblues
広島市各区民文化センター (安佐北区を除く)でも順次発売予定

※学生・18歳未満・シニア(65歳以上)チケットをお求めの方は、学生証や年齢の分かるものの提示をお願いいたします。
※中学生以下のお客様は、原則保護者または成人者の引率が必要です。
※前売券完売の場合は、当日券は販売いたしません。
※受付開始は開演の1時間前、開場は30分前です。
※未就学児の入場はご遠慮ください。
※やむを得ず出演者が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

【新型コロナウイルス感染拡大防止について】
※本公演は、新型コロナウイルス感染症の影響により中止・延期となる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※感染症拡大防止にご協力をお願いいたします。本公演では、政府及び広島県・広島市の最新情報の収集に努め、関連ガイドラインを踏まえて感染症対策を実施いたします。

【お問い合わせ】
[e-mail][email protected]
[tel]090-8065-9523(INAGO-DX事務局)

【主催】INAGO-DX/広島市南区民文化センター

【後援】広島市教育委員会、中国新聞社、中国放送、広島テレビ、広島ホームテレビ、テレビ新広島、広島エフエム放送、ちゅピCOM、FMちゅーピー76.6MH